スポンサーサイト

  • 2016.01.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違いは、技能認定試験・受講する通信教育講座・作成と点検をするレセプト・職場などの違いになります。

JSMA(技能認定振興協会)のサイトでは医療事務管理士(医科・歯科)と調剤事務管理士が紹介してあります。

医療事務管理士は、保険診療点数の算定と診療報酬明細書の作成と点検を主な仕事にします。

調剤事務管理士は、保険調剤点数の算定と調剤報酬明細書の作成と点検を主な仕事にします。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座では、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策の学習をします。

「がくぶん」の医療事務講座ではJSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士技能認定試験対策の学習をします

次に、調剤薬局事務と医療事務の違いの紹介をします。

1)JSMAでの違い

JSMA(技能認定振興協会)での調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

JSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士(医科・歯科)の技能認定試験は学科と実技が行われます。

合格率は50%位です。

医療事務管理士の勤務先は、病院・診療所・歯科診療所・保険薬局・検診センター・保険請求審査代行機関・維持コンピュータシステム会社・健康保険組合・損害保険会社などです。

調剤事務管理士の技能認定試験は学科と実技が行われます。

合格率は60%位です。

調剤事務管理士の勤務先は保険薬局・支払基金・コンピュータシステム会社・保険調剤をしている病院や診療所などです。

2)「がくぶん」の通信教育講座の違い

「がくぶん」の通信教育講座の調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座の標準受講期間は約3ヶ月です。

調剤薬局事務講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録ができます。

医療事務講座の標準受講期間は約6ヶ月です。

医療事務講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了して技能認定試験に合格してソラストにスタッフ登録すれば就業サポートを受けられます。

3)女性におススメの資格

医療事務管理士と調剤事務管理士資格を取得して保険薬局・病院・診療所で活躍しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を利用して、家事や育児の合間のスキマ時間に受験勉強しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座では標準受講間に調剤薬局事務と医療事務の違いがあります。

調剤薬局事務講座の標準受講期間は約3ヶ月で、医療事務講座の標準受講期間は約6ヶ月です。

近所の保険薬局・病院・診療所で働くなら医療事務管理士と調剤事務管理士が役立ちます。

女性におススメの資格です。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験をクリアしませんか。

医療事務と調剤事務の勤務先は、保険薬局・病院・診療所がメインです。

仕事の内容は保険点数算定とレセプトの作成・点検です。







調剤薬局事務の通信講座

調剤薬局事務の通信講座で調剤事務の知識とノウハウを習得してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

調剤事務管理士試験対策なら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講しませんか。


次に、調剤薬局事務の通信講座について紹介します。

1)調剤事務の通信教育講座

調剤薬局事務の通信講座を選ぶなら「がくぶん」をおススメします。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の通信教育講座はJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験の内容に対応しています。

会社勤務や家事や育児に忙しい女性は通学制の通信教育講座に通えません。

通学不要の通信教育講座であれば、ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて調剤事務の知識とノウハウを習得できます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講しませんか。

会社勤務に忙しい人は通勤時間や休日を利用して学習を進められます。

「がくぶん」の通信教育講座を利用して資格取得する女性はイキイキとした充実生活を過ごしています。

2)「がくぶん」の通信教育

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座は理解しやすいので人気があります。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験には学科と実技があります。

学科試験は法規・保険請求事務・薬の基礎知識から10問が出題されます。

実技試験は調剤報酬明細書(レセプト)の作成と点検から出題されます。

調剤報酬明細書(レセプト)作成から2問、調剤報酬明細書(レセプト)の点検から1問が出題されます。

学科試験の法規の範囲は医療保険制度・公費負担医療制度です。

保険請求事務の範囲は調剤報酬点数の算定と調剤報酬明細書の作成と薬剤の用語等の知識です。

薬の基礎知識の範囲は、医薬品・薬価基準の基礎知識・薬の作用などです。

3)「がくぶん」とソラスト

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を修了して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録ができます。

ソラストは医療関係業もの大手の企業です。

ソラストにスタッフ登録すれば保険薬局・病院・診療所への就業サポートを受けられます。

全国には約18万の医療機関(病院・診療所・歯科診療所)と約5万の保険薬局があります。

近所の保険薬局・病院・診療所で働くなら「がくぶん」の通信教育講座がお得です。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座で調剤事務管理士技能認定認定の学科試験と実技試験の知識を習得して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

ソラストにスタッフ登録すれば、保険薬局・病院・診療所への就業サポートが受けられます。





調剤薬局事務合格率・合格ライン

調剤薬局事務合格率・合格ラインについて紹介します。

合格可能性は「がくぶん」の通信教育講座の調剤薬局事務講座のサイトで予測できます。

合格率は社団法人・JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで確認できます。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座で調剤事務の知識とノウハウを学んでJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策をしませんか。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座の内容はJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に対応しています。

通学不要の通信教育講座を利用したマイペース学習で資格取得する女性も多くいます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座なら自宅で家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます。

家事や育児の合間に通信教育講座で学んで技能認定試験に合格したら、家事や育児と両立して近所の保険薬局・病院・診療所で働いてください。

次に、調剤薬局事務合格率・合格ラインの紹介をします。

1)技能認定試験の合格率

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで調剤薬局事務合格率・合格ラインが確認できます。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで紹介されているのは、技能試験の内容・受験資格・試験対策方法・合格率・講座の案内などです。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで紹介されている調剤事務管理士技能認定試験の合格率は60%です。

調剤事務管理士技能認定試験で実施される学科と実技の60%を正解すれば合格できます。

2)学科のクリア

調剤薬局事務合格率・合格ラインが確認できたら、合格率60%の。調剤事務管理士技能認定試験対策を始めましょう。

学科試験の内容を紹介します。

学科試験は法規・.保険請求事務・.薬の基礎知識からマークシート形式で10問が出題されます。

法規では医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識が問われます。

.保険請求事務では、調剤報酬点数の算定と調剤報酬明細書(レセプト)の作成と 薬剤用語等の知識が問われます。.

薬の基礎知識では、医薬品や薬価基準の基礎知識や薬の作用等について問われます。

3)実技のクリア

調剤薬局事務合格率・合格ラインが確認できたら、合格率60%の。調剤事務管理士技能認定試験でポイントになる実技対策を始めましょう。

実技試験の内容を紹介します。

実技試験は調剤報酬明細書(レセプト)作成から2問と、調剤法主明細書(レセプト)点検から1問が出題されます。

実技試験のクリアには調剤報酬明細書(レセプト)の作成・点検の知識とノウハウが必須になります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験をクリアしましょう。

合格率は60%です。実技試験の調剤報酬明細書(レセプト)の作成・点検の知識とノウハウがポイントになります。






調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向

調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

調剤事務管理士技能認定試験の概要は、「がくぶん」の調剤薬局事務講座とJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで紹介してあります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座の講座内容はJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に対応しています。

通信教育講座の「がくぶん」には通学する講座はありません。

自宅などの学習できる場所であればどこででも学べます。

講座時間も決まっていないので、家事や育児の合間のスキマ時間を利用して講座を進められます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座のメリットはマイペース学習できることです。

会社勤務で忙しい女性でもOKです。

通勤時間や休日時間を利用して学習を進められます。

家事・育児・会社勤務で通学制の講座に通えない女性は「がくぶん」の通信教育講座を利用して資格取得しませんか。

次に、調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)調剤事務管理士取得期間

「がくぶん」の通信教育講座を利用した調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトと「がくぶん」の調剤薬局事務講座のサイトを確認すると取得期間が予測されます。

「がくぶん」の通信教育講座の標準受講期間は3ヶ月です。

「がくぶん」の通信教育講座で学んでからJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験を受験することを考えると4ヶ月位あれば取得できるのではないでしょうか。

2)技能認定試験のいろいろ

調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向の概要を紹介します。JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験の概要をまとめました。

・調剤事務管理士技能認定試験には受験資格はありません

・調剤事務管理士技能認定試験には年齢制限もありません

・調剤事務管理士技能認定試験には学科試験と実技試験があります

・学科試験と実技試験を合わせた合格率は約60%です

・技能認定試験の試験会場は北海道から沖縄までの32都道府県にあります。

3)調剤薬局事務講座の紹介

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格する人が多いようです。

調剤薬局事務の取得期間の目安・傾向は、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士と「がくぶん」の調剤薬局事務講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の通信教育講座の標準受講期間は3ヶ月です。

通信教育講座では、カラーテキスト教材・学習レポート・課題指導・学習サポートシステムなどで知識・ノウハウをアップします。

「がくぶん」調剤薬局事務の通信講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格する女性がたくさんいます。

家事・育児・会社勤務の合間のスキマ時間を利用して資格取得ませんか。





調剤薬局事務資格取得方法

調剤薬局事務資格取得方法では「がくぶん」の通信教育講座を利用する方法をおススメします。

調剤事務スタッフの仕事には資格は不要です。

医師や看護師や介護士のような仕事に必要な公的資格ではありません。

民間資格なので医療事務関係の資格は多数あります。

資格を認定する民間団体の数だけ資格の名称があります。

民間資格を取得するポイントは業界で役立つ資格を選ぶことです。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座の受講内容は、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に対応しています。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士資格は、保険薬局・病院・診療所でも人気のある資格です。

民間資格ですが保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)の作成と点検の知識とノウハウを習得していることを証明します。

「がくぶん」の通信教育講座を受講して調剤事務管理士を取得して近所の保険薬局・病院・診療所で働きませんか。

次に、調剤薬局事務資格取得方法を紹介します。

1)JSMAの資格を取得

調剤薬局事務資格取得方法では、「がくぶん」の通信教育講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格するのが適切です。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士の資格概要はJSMAのサイトで確認できます。

JSMA(技能認定振興協会)には、調剤事務管理士の他にもたくさんの医療関係の認定資格があります。

JSMAの調剤事務管理士試験は全国の会場試験で実施されています。

全国の32都道府県に試験会場があります。

受験申込はJSMA(技能認定振興協会)のサイトのインターネット手続きホームからできます。

2)技能認定試験対策

調剤薬局事務資格取得方法では通信教育講座を利用するのがベストです。

「がくぶん」の通信教育講座を活用した技能認定試験対策をおススメします。

伝統と実績がある「がくぶん」の通信教育講座は医療関係の初心者でも理解しやすく学べるようにまとめられています。

理解しやすくまとめられたカラーテキスト教材と学習サポートシステムでスムーズに学べます。

自宅でスキマ時間を活かしてマイペース学習ができる「がくぶん」の通信教育講座を受講しませんか。

3)技能認定試験とは

調剤薬局事務資格取得方法は「がくぶん」の通信教育講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格することです。

技能認定振興協会の技能認定試験は学科と実技です。

マークシート形式10問の学科試験内容は、

・医療保険制度や公費負担医療制度等についての知識などの法規

・調剤報酬点数の算定や調剤報酬明細書(レセプト)作成

・ 薬剤用語等の知識などの保険請求事

・医薬品や薬価基準の基礎知識

・薬の作用等の基礎知識などです。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストにスタッフ登録すれば、近所の保険薬局・病院・診療所への就業サポートが受けられるのでお得です。






調剤薬局事務の資格取得のメリット

調剤薬局事務の資格取得のメリットは近所の保険薬局・病院・診療所で働けることです。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すれば、調剤薬局事務に必要な知識とノウハウを習得していることを証明できます。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して調剤事務管理士に必要な知識とノウハウを習得してください。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座はJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策用の内容にまとめられています。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策なら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

次に、調剤薬局事務の資格取得のメリットについて紹介します。

1)調剤事務管理士のメリット

調剤薬局事務の資格取得のメリットは、近所の保険薬局や病院・診療所で働くときに有利なことです。

長寿命化で高齢者が増えています。

高齢者世代の医療費の増加により調剤事務スタッフの仕事も増えています。

高齢者の増加に比例して調剤事務の仕事も増えることが予測されています。

保険薬局は全国に5万以上あります。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関は全国に約18万あります。

JSMA(技能認定振興協会)が認定する調剤事務管理士の資格があれば、全国の保険薬局や保険調剤をしている病院・診療所・歯科診療所で働けます。

2)通信教育講座のメリット

「がくぶん」の通信教育講座を利用して資格取得しませんか。

通信教育講座を利用した調剤薬局事務の資格取得のメリットはライフスタイルや勤務スタイルに合わせて学習を進められることです。

通信教育講座には通学がありません。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます、

会社勤務の女性は通勤時間や休日の時間を利用して学習を進められます。

通学制の講座に通えない女性は「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

3)「がくぶん」を利用

「がくぶん」の通信教育講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を利用した調剤薬局事務の資格取得のメリットは、調剤事務管理士技能認定試験の内容に沿った講座内容になっていることです。

「がくぶん」の通信教育講座を修了して調剤事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できるメリットもあります。

医療事業関連大手のソラストにスタッフ登録すれば就業サポートを受けられます。

ソラストの就業サポートを受ければ調剤事務管理士として保険薬局・病院・診療所への就職も有利になります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座で学んでJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を修了してソラストにスタッフ登録すれば近所の保険薬局・病院・診療所で働けます。





調剤薬局事務の資格概要

調剤薬局事務の資格概要は、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトで確認できます。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策におススメの「がくぶん」の調剤薬局事務講座のサイトでも確認できます。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

初心者でも理解しやすくまとめられた通信教育講座で受験対策しませんか。

伝統と実績がある「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

医療関係事業大手のソラストにスタッフ登録すれば就業サポートを受けられます。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士を取得してソラストの就業サポートを受ければ近所の保険薬局・病院・診療所での就職が有利になります。

次に、調剤薬局事務の資格概要を紹介します。

1)調剤事務管理士の確認

JSMA(技能認定振興協会)が調剤事務管理士を認定する団体です。

調剤事務管理士資格は民間資格です。

医師や看護師や介護士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが調剤事務の知識とノウハウを証明します。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトでは調剤薬局事務の資格概要が紹介されています。

JSMA(技能認定振興協会)が実施する調剤事務管理士技能認定試験対策の講座は「がくぶん」にあります。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座のサイトでも概要を確認できます。

2)調剤事務管理士の資格

JSMA(技能認定振興協会)と「がくぶん」で紹介されている調剤薬局事務の資格概要を紹介します。

調剤事務管理士技能認定試験を受験するには、技能認定振興協会(JSMA)の認定を受けている「がくぶん」の通信教育講座を修了するのが適切です。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座は、調剤薬局事務管理士技能認定試験対策用につくられています。

医療保険制度の知識がない初めての受講者でも、保険調剤点数算定や調剤報酬明細書(レセプト)作成・点検の知識とノウハウをスムーズに身につけられます。

3)「がくぶん」のメリット

「がくぶん」の調剤薬局事務講座受講のメリットを紹介します。

JSMA(技能認定振興協会)のサイトで調剤薬局事務の資格概要を確認したら「がくぶん」の通信教育講座を始めましょう。

「がくぶん」の通信教育講座のメリットには、

・通学不要・家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学習を進められる

・JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験対策にピッタリ

・「がくぶん」の通信教育講座を修了して資格を取得すればソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられるなどがあります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格してください。

ソラストにスタッフ登録して就業サポートを受ければ、近所の保険薬局・病院・診療所で働けます。






調剤薬局事務の志望動機

調剤薬局事務の志望動機には、近所の保険薬局・病院・診療所で働きたいからなどがあります。

ライフスタイルに合わせて働きたいなどもあるようです。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すれば調剤事務管理士として活躍できます。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」の調剤事務講座は通信教育講座です。

通学制の講座のように通学して講座に出席することはありません。

好きな場所で好きな時間に学習を続けることができます。

通学制の講座を受講することが難しい会社勤めの女性に人気のある講座です。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学習を進められるので育児中のママにも人気があります。

調剤事務管理士資格を取得して近所の保険薬局・病院・診療所で働きませんか。

次に、調剤薬局事務の志望動機について紹介します。

1)近所の保険薬局

調剤薬局事務の志望動機には近所の保険薬局・病院・診療所で家事や育児と両立して働きたいからというのがあります。

コンビニエンスストアの4倍以上あるとされる、保険薬局・病院・診療所などの医療機関で働きませんか。

保険薬局・病院・診療所での調剤事務管理士の仕事は、保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成と点検・調剤受付・調剤費会計・患者接遇・処方箋管理・備品管理・電話応対などです。

客対応のトラブルが多いコンビニエンスストアやスーパーのレジに比べると働きやすいので人気があります。

調剤事務管理士資格を取得して近所の保険薬局・病院・診療所で働きませんか。

2)副収入

調剤薬局事務の志望動機には家事や育児と両立させたパートやアルバイトで副収入を得たいからというのもあります。

経済成長率が低くなり成果主義や実力主義の社会になりました。

昔のように年功序列で給与がアップすることはありません。

突然の事業撤退によるリストラで離職する危険性も高まっています。

家庭の収入の不安定化が問題になっています。

家計を安定させるためにパートやアルバイトなどでの副収入を得ている女性も増えています。

調剤事務管理士資格があれば近所の保険薬局・病院・診療所で働いて副収入を得ることも可能です。

3)女性に向いている

調剤薬局事務の志望動機では調剤事務管理士が女性に向いているからというのがあります。

「がくぶん」の通信教育講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格する女性が増えています。

「がくぶん」の通信教育講座ならば家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学習できます。

細かい計算事務や患者接遇やスタッフとのコミュニケーションがある調剤事務管理士の仕事は女性に向いています。

家事や育児の合間に受験対策して、家事や育児と両立して近所の保険薬局・病院・診療所で働きませんか。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講しませんか。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格すれば、近所の保険薬局・病院・診療所でパートやアルバイトで働けます。

副収入があれば家計も豊かになります。







調剤薬局事務に求められる能力

調剤薬局事務に求められる能力には、点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成と点検・医事コンピュータソフトの操作・医療スタッフとのコミュニケーション・患者とのコミュニケーションなどです。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を修了して技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストにスタッフ登録すれば保険薬局・病院・診療所への就職が有利になります。

保険薬局・病院・診療所での調剤事務管理士の仕事には、保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成や点検・調剤受付・患者接遇・保険調剤費会計・処方箋管理・備品管理・電話応対などがあります。

次に、調剤薬局事務に求められる能力について紹介します。

1)調剤事務管理士の能力

調剤薬局事務に求められる能力には、保険調剤点数算定や調剤報酬明細書(レセプト)の作成と点検があります。

調剤事務管理士の能力にはコミュニケーション力もあります。

保険薬局・病院・診療所で働く調剤事務スタッフの仕事には、調剤受付・患者接遇・調剤費会計・処方箋管理・備品管理・電話応対などもあります。

調剤受付・患者接遇・調剤費会計・電話応対では患者とのコミュニケーション力が大切です。

処方箋管理や備品管理にはスタッフとのコミュニケーション力が大切です。

2)患者接遇力

調剤薬局事務に求められる能力では患者接遇力があります。

高寿命化で高齢者が増えています。

高齢者が増えれば保険調剤件数が増えます。

保険調剤が増えれば保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成や点検・保険調剤費会計が増えます。

調剤受付・調剤費会計・電話応対には高齢者の患者接遇が大切になります。

多くの高齢者が保険薬局・病院・診療所を利用しています。

調剤事務管理士の高齢者接遇の高いスキルは、保険薬局・病院・診療所の評判を良くします。

3)医事コンピュータ

調剤薬局事務に求められる能力では医事コンピュータや医療ソフトの操作スキルがあります。

保険調剤費会計・処方箋管理・薬品管理・保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成には医事コンピュータ&医療ソフトを使用しています。

調剤事務管理士の知識とノウハウを活かすには医事コンピュータ&医療ソフトの操作が必要になります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格してください。

調剤事務管理士の能力には、保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成や点検・患者接遇力・医事コンピュータや医療ソフトの操作スキルがあります。






調剤薬局事務に向いている人・向いていない人

調剤薬局事務に向いている人・向いていない人の紹介をします。

調剤事務管理士に向いているのは、計算・チェック・事務・人とのコミュニケーションが好きな人が考えられます。

調剤事務管理士は保険薬局・病院・診療所をメインに活躍しています。

保険薬局・病院・診療所で働いている調剤事務管理士の仕事内容は、

保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)の作成・点検をメインにして、

調剤受付・患者接遇・電話応対・保険調剤費会計・処方箋管理・備品管理などの仕事になります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座で学ぶのは調剤事務管理士になるための知識とノウハウです。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士の技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録ができます。

ソラストにスタッフ登録すれば保険薬局や病院・診療所への就業サポートを受けられます。

向いているかいないかを考える前に「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講しませんか。

次に、調剤薬局事務に向いている人・向いていない人について紹介します。

1)向いている人

調剤薬局事務に向いている人・向いていない人を考えてみませんか。

調剤事務管理士の仕事は、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)の作成・点検や調剤受付・患者接遇・電話応対・保険調剤費会計・処方箋管理・備品管理などの仕事です。

向いている人は、医療保険制度や保険調剤点数算定や調剤報酬明細書(レセプト)作成と点検などが嫌いではない人

・医療スタッフや事務スタッフとのコミュニケーションができる人

・患者とのコミュニケーションができる人

・医事ソフトやパソコン操作ができる人になります。

2)点数算定と調剤報酬明細書

調剤薬局事務に向いている人・向いていない人を考えると、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)の作成・点検ができることがポイントになります。

がくぶん」の調剤薬局事務講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士を取得した人に求められるのは、保険調剤点数算定とレセプト(調剤報酬明細書)作成と点検がスムーズにできることです。

保険調剤点数算定とレセプト(調剤報酬明細書)作成・点検の仕事は保険薬局・病院・診療所の収益に直接関係しています。

3)コミュニケーション

調剤薬局事務に向いている人・向いていない人を考えると、コミュニケーションもポイントになります。

保険調剤点数算定とレセプト(調剤報酬明細書)作成と点検の仕事には、医療スタッフや事務スタッフとのコミュニケーションが大切です。

調剤受付や保険調剤費用会計では患者とのコミュニケーションが大切になります。

人とのコミュニケーションが苦手な人は「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講しながらコミュニケーションスキルのアップも行いましょう。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を修了してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

ソラストにスタッフ登録して近所の保険薬局・病院・診療所への就業サポートを受けましょう。